【銃後の画家たち③】ぶれない「絵の鬼」 謎多き造船所絵画 産業戦士へ熱視線

 水彩画、油彩画、版画と多岐にわたる表現を極めた画家の吉田博(1876~1950、福岡県久留米市出身)は、きらめく海に帆船が浮かぶ版画がダイアナ妃に愛蔵されたことで知られる。新資料が2017~18年に見つかった。太平洋戦争中の1944年ごろ、吉田が兵庫県の播磨造船所などを描いた約20点の絵画である。...

残り 1609文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

PR