『能面検事の奮迅』中山七里著

 学校法人への国有地払い下げをめぐって浮上した近畿財務局職員の収賄疑惑。さらに大阪地検特捜部の担当検事による決裁文書改ざんの疑惑まで持ち上がり……。現実の事件を想起させる政治とカネの闇に、大阪地検一級検事の不破俊太郎が事務官の美晴と切り込む。忖度(そんたく)しない能面検事が主人公の痛快ミステリー第2弾。

関連記事

PR

PR