貝島炭砿鉄道 最後の煙を吐いたSL

運炭の残像 筑豊線 130周年企画⑩

 貝島炭砿専用鉄道を駆け巡った蒸気機関車(SL)は、3両がゆかりの地で静態保存されている。米国製のアルコの22、23号機はそれぞれ宮若市石炭記念館、小竹町中央公民館そば、ドイツ製のコッペル32号機は直方市石炭記念館が余生の場所。製造から...

残り 800文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

福岡県の天気予報

PR

PR