内閣府と経産省、再生エネの主導権争い 九電の出力制御やり玉に

 政府が大幅な拡大を目指す再生可能エネルギーを巡り、普及に向けた規制改革を訴える内閣府と、エネルギー政策全般を所管する経済産業省の主導権争いが激しくなっている。内閣府が河野太郎規制改革担当相の発信力や突破力で、原発維持を狙う経産省に切り込む構図で、九州で頻発する再生エネの出力制御も論点に上がっている。国の縦割り行政が、脱炭素社会の実現に...

残り 1357文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR