「矢面で頑張った」「一方通行の会見」 首相退陣会見に九州政界

 菅義偉首相が退陣意向を改めて記者会見で説明した9日。衆院選を間近に控えた九州の与野党の候補者や政界関係者からさまざまな声が出た。

 会見で「新型コロナウイルスとの闘いに明け暮れた日々だった」と1年間の実績を強調した首相。自民党福岡県連の原口剣生会長は「その言葉が全てで、誰がやっても大変難しかった」とねぎらい、公明党福岡県本部の浜崎達也幹事長も...

残り 464文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR