不要不急の外遊はお控えを

政治報道でおなじみの英語「レームダック」。任期は残っているが、再選の可能性はないので影響力が低下している指導者などを指す▼あまり使いたくない表現だ。直訳は「足が不自由なアヒル」。うまく前に進めないことの例えか。ご丁寧に「レームダック(死に体)」との表記も。不快さの上塗りである。当人にも、足が不自由な人にも、アヒルにも失礼だろう...

残り 404文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

PR