菅首相退陣表明後初の会見 「言葉響かぬ」「心折れそう」市民悲憤

 「説明不足」「言葉が響かない」。菅義偉首相は9日の記者会見でも退陣の理由を踏み込んで説明せず、市民からは、あきらめにも似た言葉が漏れた。首相は新型コロナウイルス対策を含めて「道筋を示すことができた」と胸を張ったが、コロナ禍で苦しむ飲食業者は「私たちはまだ長いトンネルの中にいる」と、...

残り 833文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

PR