世代交代のうねり

 自民党総裁選に注目が集まる中、県内でも次期衆院選の党公認争いが熱を帯びている。4区では閣僚経験のある現職に対して前県議長が「宣戦布告」。2区では衆院任期満了まで2カ月を切って現職が引退を表明し、公募が進む▼県内の自民現職衆院議員は4人全員が70代以上。1区でも現職不出馬に伴い候補者が交代しており、...

残り 121文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

長崎県の天気予報

PR

PR