2年ぶりに宮崎国際音楽祭「ロシア最高峰」めくるめく時間 黄金のふたり、共演に夢心地

 第26回宮崎国際音楽祭(7月31日-8月15日、宮崎県立芸術劇場など)は、新型コロナウイルスの影響で昨年初めて中止となり、2年ぶりに開かれた。従来の春ではなく、初の夏開催。テーマは「真夏の祭典~天地の恵みに祈りを込めて」。クラシックとバレエの共演という初の試みや過去に評判だったオペラ再演など充実のプログラムは、コロナ禍に加え、悪天続きの気象下に上演されたこともあり、「平時」以上に聴衆に安らぎを感じさせた。音楽は「不要不急」ではなく、まさに「天地の恵み」。それを証明する祭典だった。...

残り 1372文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

秋の古本まつり

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月26日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階「MARUZENギャラリー」特設会場

PR