保育士添乗、座席を指定…送迎バス取り残し事故防止へ工夫する自治体

 福岡県中間市の私立双葉保育園に通う男児が送迎バス内に取り残されて熱中症で死亡した事故で、バス運用に国が定める明確な指針などなく、安全対策は園任せという現状が浮き彫りとなった。事故を受け、県や中間市は指針の策定を急ぐが、保育士の添乗や、降車時の園児の確認など指針を定めて安全運行に取り組んでいる自治体もある。...

残り 619文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR