再生エネ目標「達成難しい」 電事連会長、原発の持続活用を訴える

 電気事業連合会の池辺和弘会長(九州電力社長)は10日のオンライン記者会見で、国がエネルギー基本計画の改定案で掲げた再生可能エネルギーの大幅拡大について「かなり思い切ってお金を使わないと達成は難しい目標だ」と述べた。二酸化炭素(CO2)を排出しない原発の優位性を強調し、持続的な活用方針を明確にするよ...

残り 363文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

PR