熊本城の「監物櫓」と「平櫓」石垣復旧現場公開 昭和初期の修復跡も

 熊本市は10日、熊本地震で被災した「監物櫓(けんもつやぐら)」と「平櫓」の石垣復旧作業の現場を報道陣に公開した。いずれの石垣も昭和初期に修復したとみられる痕跡があったといい、熊本城調査研究センターは「修理を繰り返して城を守ってきた証し」としている。

 二つの櫓は国指定重要文化財で、地震で外壁などを...

残り 408文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

熊本県の天気予報

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR