『お天道様は見てる 尾畠春夫のことば』 白石あづさ著

 2018年、山口県で行方不明になった2歳児を発見、救出し、一躍時の人となった大分県日出町の尾畠春夫さん。全国の被災地を飛び回る「スーパーボランティア」ぶりは有名となったが、本書は3年にわたる密着取材で明らかになった、尾畠さんの素顔を紹介する。毎朝最低8キロ走り、家の庭に生えた雑草を調理して食べる。...

残り 89文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR