『哲さんの声が聞こえる 中村哲医師が見たアフガンの光』 加藤登紀子著

 アフガニスタンで人道支援に取り組み2019年に凶弾に倒れた中村哲医師。中村医師の活動を支援してきた著者がこれまでの交流をつづった本。「哲さんがアフガンの地から私たちに投げかけたのは、これからの未来を、光あるものにするのか、それともこのまま奈落の底に向かうのか、その岐路に立たされていることへの警告で...

残り 52文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR