ネズミ 清原由美子

 わが家のベランダから遊歩道を散歩する人やジョギングする人が見える。ある朝、夫が「ネズミがいるぞ」と言う。「うそー、逃げたハムスターじゃない?」と言いつつベランダに出てみると、本当にしっぽの長いネズミだった。

 ネズミは遊歩道に落ちているヤマモモのひからびた実を食べていた。はじめは一つ食べては急いで...

残り 346文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR