三池港20世紀初頭の海図など18点提供 三池海保、石炭科学館に展示へ

 福岡県大牟田市の三池海上保安部は10日、所有する三池港などの海図や古図18点を同市岬町の市石炭産業科学館に提供した。

 1871年、兵部省海軍部水路局(現・海上保安庁海洋情報部)が設立され、海図製作などの水路業務が本格的に始まって今年で150年。これを機に、日本の近代化を支えた三池港の歴史を広く知ってもらうため、三池海保所有の貴重な海図を科学館に展示してもらうことになった。...

残り 231文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR