「人を支えることが自分の助けに」8歳で父を失った男性の20年

 世界を震撼(しんかん)させた米中枢同時テロから11日で20年を迎えた。テロで親を亡くした3千人以上の子どもたちの平均年齢(当時)は8歳、最年少だった子どもも今年で成人を迎える。その中の一人、米東部ニュージャージー州に住むロビー・パイシオールさん(28)は、国防総省に勤務していた父ジョセフさん=当時(39)=を亡くした。

 「何かの間違いだ」。...

残り 984文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

緑のコンサート

  • 2021年10月30日(土)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR