リチャード3号ソロも喜び控えめ チーム大敗、自身も一塁で失策

 ◇日本ハム17-5ソフトバンク(11日、札幌ドーム)

 初の6番に座ったリチャードが、敵地では初本塁打となる3号ソロを放った。大量リードを奪われた六回2死、甘いスライダーを逃さずに捉えて、ライナー性の鋭い打球を左翼スタンドに突き刺した。「入ってくるスライダーをうまく捉えることができた」とコメントしたが、初回の11失点時には自身も一塁守備で痛い失策を犯していただけに喜びは控えめだった。

関連記事

PR

PR