深浦氏が再選出馬表明 伊万里市長選

 伊万里市の深浦弘信市長(65)が13日、来年4月10日告示、同17日投開票の市長選に再選を目指し無所属で出馬する意向を明らかにした。この日の市議会一般質問で山口恭寿氏に答えた。

 市長選への出馬を表明したのは深浦氏が初めて。答弁で「現状の気持ちとしては再度出馬したいと思っている。正式な表明の時には公約などを取りまとめ、発表したい」と述べた。

 教育環境の充実や財政健全化など市長として約3年半取り組んできた施策を説明した上で、前回公約に掲げた大型商業施設の誘致や、新型コロナウイルス対策など直面する課題にも言及。「これまでの課題をとらえた上で、伊万里市を発展させるために頑張っていきたい」と説明した。

 深浦氏は九州大経済学部を卒業後、1979年に伊万里市役所入り。水道部長や産業部長を経て、2018年の市長選で初当選した。 (糸山信)

関連記事

佐賀県の天気予報

PR

PR