妻殺害の被告に懲役5年を求刑 長崎地裁で結審

 長崎県時津町野田郷の住宅で昨年6月、同居していた妻=当時(72)=を包丁で刺して殺害したとして、殺人罪に問われた田中精一被告(78)の裁判員裁判が13日、長崎地裁(潮海二郎裁判長)であり、検察は懲役5年を求刑して結審した。

 検察は論告で、被告は犯行前後で合理的行動を取っており、善悪の判断能力または行動...

残り 181文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

長崎県の天気予報

PR

PR