「海プラ問題」考えて 九十九島水族館海きらら 漂着ごみを商品に

 佐世保市鹿子前町の九十九島水族館海きららは、海洋プラスチックごみ問題を考える「うみプラプロジェクト」に取り組んでいる。九十九島に漂着するごみを集め、プラスチックごみはトレイやコースター、キーホルダーなどに再加工して館内で販売。企画した職員の吉田実樹さん(27)は「生まれ変わった商品を見てほしい。プ...

残り 474文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

長崎県の天気予報

PR

PR