長崎2区に加藤氏の長男擁立 自民県連が公認申請へ

 自民党長崎県連は12日、加藤寛治衆院議員(75)の引退表明に伴い公募した次期衆院選長崎2区の公認候補予定者に、加藤氏の長男で同氏の秘書、竜祥(りゅうしょう)氏(41)を選んだ。

 竜祥氏は同県島原市出身。日本大卒業。会社員のほか、安倍晋三前首相が第1次政権で退陣し、第2次政権で再び首相に就く前に安倍氏の秘書をしていた。2012年から寛治氏の秘書を務めた。

 公募には8人が応募。この日、長崎市内で開いた党県連の選挙対策委員会と常任総務会で決定した。今後、党本部に公認申請する。

 長崎2区には、立憲民主党現職の松平浩一氏(46)=比例北陸信越=も立候補を予定している。 (泉修平)

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR