天正遣欧使節・千々石ミゲルの墓か 長崎・諫早で人骨の一部発見

 16世紀後半に九州のキリシタン大名が欧州に派遣した天正遣欧使節の一人、千々石ミゲルの墓所とされる長崎県諫早市の石碑周辺を調査している研究グループは12日、新たに人骨の一部が見つかったと発表した。人骨の発見は2017年に見つかった女性の遺骨に続き2例目。研究グループは新たな人骨はミゲル本人で、夫婦の墓所である可能性が高いとみている。

 調査責任者の田中裕介・別府大教授によると、発見された人骨は胸骨や頭骨の一部。地下約1メートル60センチで確認された墓穴跡にあった。木棺を留めるくぎ約40本も一緒に見つかっており、遺体は木棺に納められていたとみられる。副葬品は13日時点で見つかっていない。

 ...

残り 550文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

長崎県の天気予報

PR

開催中

秋の古本まつり

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月26日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階「MARUZENギャラリー」特設会場

PR