とろりと秋の味覚を 宮崎・日之影町の和栗じゃむ

 「今年は栗が早くて、盆開けからフル稼働。うれしい悲鳴ですね」。そう語るのは、宮崎県北部の山あいの地、日之影町の農産加工場「旬果工房てらす」代表の岡田原史さん(34)。

 当地の栗は粒の大きさと強い香りが特長。ブランド「高千穂ひのかげくり」として主に県内や中京地域に出荷されている。「全国的に有名なあ...

残り 487文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR