弱溶結生かす鼻ぐり 「阿蘇踏査の歩み」(52)

【聞き書き】熊本大名誉教授 渡辺一徳さん

 牛の鼻輪を通す穴に似ていることから、そう呼ばれるようになったそうです。阿蘇カルデラの西外側、熊本県菊陽町にある「馬場楠井手(ばばぐすいで)の鼻ぐり」。

 肥後藩主・加藤清正が江戸初期の1608年ごろ、築造した白川水系からの導水路です。...

残り 905文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR