国文化財「旧古河鉱業若松ビル」の指定管理者が破産手続き

 北九州市は14日、若松区の南海岸通りを象徴するレトロな建物で国登録有形文化財「旧古河鉱業若松ビル」について、指定管理者で地元商社の「中央興産」(同区)の指定を取り消したと発表した。...

残り 281文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR