小学校跡に「なにはど広場」 住民たちが手作り中

 2014年に閉校した福岡県嘉麻市大隈町の旧大隈小。市の跡地利活用計画が進む中、今年4月に同市嘉穂総合支所に着任した縄田光俊さん(50)がグラウンドの整備を始めると、地元住民も手伝うようになった。「なにはど広場」と名付けられ、縄田さんは「地元の方が管理から利用まで楽しめる場所にしたい」と意気込んでいる。...

残り 949文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR