鳥栖の女性死亡現場「初めて訪れた」 殺人疑い逮捕の長崎大生供述、被害者と面識なし

 佐賀県鳥栖市で高齢女性を鈍器で殴って殺害したとして、佐賀県警は14日、長崎市中園町、長崎大薬学部4年の山口鴻志容疑者(25)を殺人容疑で逮捕した。県警によると、被害者遺族は、被害者側と山口容疑者は面識がないと話している。山口容疑者は「(現場は)初めて訪れた」と供述しており、県警は事件の詳しい経緯や動機を調べている。

 逮捕容疑は10日午後1時すぎ、鳥栖市酒井東町の民家の敷地で大塚千種さん(79)の頭部を鈍器で複数回殴打し、殺害した疑い。死因は外傷性くも膜下出血による脳機能障害。「頭部を殴れば殺してしまうかもしれないと思っていたが、確定的な殺意まではなかった」と供述しているという。

 県警によると、大塚さんは朝から1人で自宅隣の親族宅の庭で除草作業をしていた。「ぎゃー」という叫び声を聞いた近くの70代女性が119番した。

 県警は事件と事故の両面から捜査していたが、山口容疑者が13日午後0時半ごろ、大分中央署に自首し、「高齢の女性の頭部をハンマーで複数回殴った。死んだかもしれない。とんでもないことをしてしまった」と述べた。持っていたリュックには、柄の長さ約38センチ、金属部分が約12センチのハンマーが入っていたという。

 県警によると大塚さんは夫と2人暮らし。自宅はJR鳥栖駅の南東にあり、田畑も広がる住宅地。

 捜査関係者によると、山口容疑者は9日に長崎市を出た後、福岡市に宿泊。翌10日に鳥栖市に向かった。同日のうちに福岡市に戻り、その後、電車で大分市に向かったとみられる。「大分は以前に行ったことがある」とも説明しているという。

 関係者によると、長崎市の山口容疑者の自宅マンション(4階建て)では、事件前日の9日夜にぼや騒ぎが起きた。警察官や救急隊員が駆けつけたところ、室内は煙が充満していたが、誰も見当たらなかったという。

 長崎大の河野茂学長は14日、「学生の逮捕は誠に遺憾。事態を深刻に受け止め、関係者に深くおわびする。捜査に全面的に協力する」との談話を発表した。

 (岩崎さやか、稲葉光昭、松永圭造ウィリアム)

佐賀県の天気予報

PR

PR