千賀14Kでも…自力V再消滅

 ◆ソフトバンク1-3ロッテ(14日、ペイペイドーム)

 100球を超えて続投した八回。2死満塁のピンチでレアードを打席に迎え、千賀は代名詞のフォークを5球続けてフルカウントとした。6球目のサインが決まらずに捕手の甲斐がマウンドへ。選択はカットボール。その結果は無情だった。

 二塁の三森が二遊間の打球を飛び込んで好捕。一塁に送球したものの及ばなかった。2人の走者が生還。「長い回、球数を投げることができたが、逆転を許し、大事なところで粘れなかった」。エースで敗れ、自力優勝の可能性が再び消えた。

 2試合連続の中5日先発は自身初。四回に浴びた角中の同点打も引きずらなかった。今季最長の8回で同最多の134球を投げ、自己最多タイで毎回の14奪三振。後半戦初黒星の今季2敗目にも「次で取り返したい」と闘志は衰えなかった。

 後半戦の過去4度の登板はいずれもチームが黒星か引き分けた直後。ここまでは全て白星で流れを変えてきたが、首位ロッテとの3連戦の初戦でチームの連敗を止められなかった。今季最大だった首位との差は7・5ゲームへと拡大した。

 工藤監督は千賀をねぎらった。「最終的に負け投手にはなったが、ナイスピッチングだと思う」。さらに監督として過去3度ペナントを制した経験を踏まえ「このゲーム差がもう優勝に届かないかといえば、そんなことはない」と言い切った。残り31試合。目の前の白星を一つ一つつかむだけだ。 

 (山田孝人)

関連記事

PR

PR