人工授精で誕生したイルカ「アイル」死ぬ 長崎・佐世保の水族館

 九十九島水族館海きらら(佐世保市)は14日、ハンドウイルカの2歳の雄、アイルが13日に死んだと発表した。九州で飼育されているイルカで初めて人工授精で誕生したことで知られ、1歳から館内のショーに出演するなど人気者だった。

 同館は新型コロナウイルス感染防止のため臨時休業中。川久保晶博館長は「コロナが...

残り 284文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR