地下の発電機に不具合起き、CO充満か 博多区のビル解体死亡事故

 福岡市博多区博多駅東3丁目のビル解体工事現場で男性作業員が死亡した事故現場で使われていた発電機に不具合が起き、一酸化炭素(CO)が充満した可能性があることが14日、捜査関係者への取材で分かった。男性の死因は急性CO中毒と判明し、県警は業務上過失致死傷容疑も視野に事故の経緯を調べている。

 博多署は同日、死亡したのは会社員渡辺孝憲さん(70)=同区美野島3丁目=と発表した。ほかに病院に搬送されたのは、いずれもアルバイトの同区の男性(20)と同市中央区の男性(73)で、命に別状はなかった。

 捜査関係者によると、13日夕の事故当時、現場のビルの地下に3台あった発電機のうち1台に不具合が起きた。地下はCOが充満した状態で、様子を見に行った渡辺さんら3人が次々に倒れたという。 (長田健吾)

福岡県の天気予報

PR

PR