「表紙」だけでは手痛いしっぺ返し

 「ポスト菅」を決める自民党総裁選が始まる。前回は派閥の領袖(りょうしゅう)が「勝ち馬」に雪崩を打ったが、今回は様相が一変。若手・中堅は「長老政治」からの脱却を求め、派閥の一本化は見通せない状況だ。

 一方、最大派閥に影響力を持つ安倍晋三前首相の存在感が増す。候補者たちの「安倍詣で」に加え、配慮した...

残り 258文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

PR