添田町土砂災害の救出活動 救助と医療の連携が奏功

新局面 災害の時代ー後悔しない備え(46) 杉本めぐみ

 九州北部地方で前線活動が活発化していた8月15日に福岡県添田町で土砂災害が起き、75歳の女性が18時間後、無事に救出されました。救出活動中、医師が付き添い点滴をされていたと報道にありました。

 土砂で家がつぶれ身動きできなくなる土砂災害に限らず、地...

残り 1404文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

PR