「攻めの投資」ハウス増設で浸水リスク分散 久留米市のパクチー農家

水に挑む農 2020豪雨3カ月(上)

 筑後川支流からあふれてきた水は、四方を囲む高さ約1メートルのブロック塀を乗り越え、次々にビニールハウスを襲った。所有する76棟のハウス全てが浸水。自慢のパクチーは、芽吹いたばかりの株も、収穫間近の株も全滅した。

 久留米市北野町の香月勝昭さん(42)は、2006年からパクチー栽培に取り組む先駆者。遅れてやってきた国内でのブームにも乗って「稼げる農業」の成功例となった。現在も全国有数の出荷量を誇り、各地から視察が訪れる。

...

残り 1132文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

福岡県の天気予報

PR

開催中

秋の古本まつり

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月26日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階「MARUZENギャラリー」特設会場

PR