「生涯の師」亡くなる 「阿蘇踏査の歩み」(53)

【聞き書き】熊本大名誉教授 渡辺一徳さん

 「生涯の師」となった小野晃司さんが亡くなったのは1998年4月22日。享年68。90年11月に198年ぶりに噴火し、私たちに火砕流の記憶を刻んだ雲仙・普賢岳(長崎県島原市)ではその春、7年半ぶりに登山が解禁されました。

 小野さんは東京都出身。旧通産省の地質調査所(現産業技術総合研究所)に、定年を迎える90年まで勤務されました。...

残り 847文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

PR