SDGs学ぶ映像授業 在宅学習の児童と映像作家がオンラインで

 次世代を担う子どもたちに持続可能な未来について考えてもらおうと、北九州市門司区の敬愛小でSDGsをテーマにした映像授業があった。在宅学習中の4年生とプロの映像作家をオンラインで結び、「生き物の視点」で制作した短編作品を上映。監督が作品に込めた思いを通して社会問題について理解を深めた。...

残り 265文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

福岡県の天気予報

PR

PR