食害に耐えオタカラコウ開花 【英彦山花ごよみ 長月】

 沢や沼などの日陰に目を向けると、直径数センチの鮮やかな黄色の花弁が特徴的なオタカラコウを見つけることがある。

 環境への適応力が高く、20、30年前までは、英彦山の所々に大群落を形成していたが、シカなどの食害で一時、ほとんど姿を消した。...

残り 130文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR