行動制限緩和の実証実験参加「十分な説明を」 福岡県に県医師会要請

 福岡県医師会の定例記者会見が15日、福岡市内で開かれ、新型コロナウイルス対応の行動制限緩和を巡り、県が政府の実証実験への参加意向を示したことについて、瀬戸裕司専務理事は「感染爆発の恐れや第6波の懸念もあるが、ウィズコロナ時代に向けて分析と検証は必要」と述べた。...

残り 240文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

福岡県の天気予報

PR

PR