維新、衆院福岡1区で山本氏公認を正式発表

 日本維新の会は15日、次期衆院選の福岡1区に立候補を予定する元職の山本剛正氏(49)を公認候補にすると正式発表した。

 県庁で記者会見した山本氏は「地方分権の推進と人口減少への備えを訴えたい」と述べた。山本氏は2009年の衆院選福岡8区に民主党から出馬し、比例で復活当選して1期務めた。前回の衆院選は福岡1区で立憲民主党から立候補して落選。19年に離党して無所属で活動していた。

 福岡1区には自民現職の井上貴博氏(59)、立民新人の坪田晋氏(37)、共産新人の木村拓史氏(35)が出馬を予定している。 (黒石規之)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR