台風14号、17日にも九州北部に最接近 暴風と大雨に要警戒

 台風14号は15日、東シナ海でほぼ停滞した状態が続いた。16~17日にかけて北上を再開し、17日にも九州北部に最接近する見込み。温帯低気圧に変わってからも勢力を発達させ、中心付近の最大風速は25メートルになるとみられる。気象庁は沿岸部を中心に暴風や大雨、高波に注意を呼び掛けている。

 福岡管区気象台によると、17日ごろ対馬海峡付近を北東に進む見通し。暖かく湿った空気が流れ込み、局地的に大雨になる恐れがある。同日午後6時までの24時間予想雨量はいずれも多いところで福岡、佐賀、長崎100~200ミリで、気象台は「温帯低気圧に変わるとはいえ決して安心することなく、雨や風への警戒を続けてほしい」としている。

 台風は15日午後9時現在、中心気圧992ヘクトパスカル、中心付近の最大風速23メートル、最大瞬間風速35メートル。 (梅沢平)

PR

開催中

秋の古本まつり

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月26日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階「MARUZENギャラリー」特設会場

PR