九州・沖縄の景気「持ち直しペース鈍化」 日銀金融経済概況 昨年5月以来引き下げ

 日銀福岡支店は15日発表した九州・沖縄の9月の金融経済概況で、景気の基調判断について「持ち直しのペースが鈍化している」として、前回までの「厳しい状態にあるものの、輸出・生産を中心に持ち直しつつある」から1段階引き下げた。引き下げは2020年5月以来。新型コロナウイルス禍による東南アジアからの部品供給不足で、主力産業である自動車の生産が低下していることが響いた。...

残り 316文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

PR