佐賀市長選、衆院選の前哨戦に 10月17日投開票 自民は推薦出すも市議分裂、立民は政党色出さず

 衆院選の投開票が11月にずれ込む見通しとなったことで、与野党対決の様相を帯びる佐賀市長選(10月10日告示、同17日投開票)が前哨戦として注目され始めている。自民党県連は元国土交通省官僚を推薦。立憲民主党県連は元市地域振興部長を支援する方針を決めた。自民は半数の市議が元市部長の支援に回って分裂する一方、立民は推薦を見送り政党色を出さないように腐心している。...

残り 885文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

佐賀県の天気予報

PR

学ぶ!SDGs×企業

  • 2021年10月20日(水)
  • カフェ&コミュニティースペース dot.(ドット)交流スペース

PR