ひばり三十三回忌

 幼い頃、私の生まれた田舎町に美空ひばりがやってきた。ひばりちゃんが来るというので、町中が浮足立っていた。ひばりファンの祖母に連れられて見に行った。館内は立錐(りっすい)の余地なく、通路もステージ下も、人、人、人で埋まっていた。彼女が二十歳くらいの頃だったと思う。私も大ファンとなり、ひばりちゃんの映画をよく観に行った。

 とくに「伊豆の踊子」(野村芳太郎監督)は、...

残り 521文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

久木朋子 木版画展

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月18日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR