『青空と逃げる』 辻村深月著

 深夜の夫の交通事故。そこからすべてが始まった。病院から失踪した夫。同乗していた女優の自殺と不倫疑惑。悪意と追及が押し寄せ、早苗と息子の力は東京を飛び出す。四国の四万十、兵庫、別府、仙台、そして北海道。二人の逃避行の終着点は……。母子の成長と家族の再生を爽やかな余韻で描いた感動作の文庫化。

関連記事

PR

PR