レンズ越しに見た希望と覚悟 アフガン、難民選手団に思う

 東京パラリンピック取材後記

 史上最多となる約4400人の選手が参加した東京パラリンピックが5日、閉幕した。新型コロナウイルスによる緊急事態宣言下、無観客開催という異例ずくめの13日間の熱戦の取材を終えて今、改めて思い起こすシーンがある。母国の政情不安に揺れる中、参加にこぎ着けた選手たちの勇姿だ。...

残り 867文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

学ぶ!SDGs×企業

  • 2021年10月20日(水)
  • カフェ&コミュニティースペース dot.(ドット)交流スペース
開催中

ストレッチング講座

  • 2021年9月13日(月)、15日(水)、22日(水)、27日(月)、29日(水)、10月6日(水)、11日(月)、13日(水)、20日(水)
  • 野中生涯学習センター

PR