心に残る「軽石授業」 「阿蘇踏査の歩み」(54)

【聞き書き】熊本大名誉教授 渡辺一徳さん

 「よく見てごらん」が、敬愛する小野晃司さんの口癖でした。例えば、近くに転がっている軽石を手渡し、こう問うのです。

 「ほらっ、軽石の穴には丸いものと、長細いものがあるだろ。この違いは何を意味していると思う?」

 火口から噴出した軽石は発泡したマグマ。この連載でも何度も登場していますが、観察してみると実に奥深いのです。確かに丸い穴と長細い穴があります。...

残り 829文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR