豪の原潜保有、米英が支援へ 対中国念頭に新たな安保枠組み構築

 【ワシントン金子渡、北京・坂本信博】米国、英国、オーストラリアの3カ国は15日、新たな安全保障の枠組み「AUKUS(オーカス)」を構築すると発表した。3カ国による高官協議を立ち上げ、米英がオーストラリアの原子力潜水艦配備を支援する。台頭する中国を念頭に安保体制の強化を狙った動きで、中国政府は強く反発している。

 AUKUSは3カ国の頭文字を取って命名。バイデン米大統領は同日、ジョンソン英首相、モリソン豪首相とオンラインで共同記者会見し「これは米国の既存の同盟国とパートナーを新たな方法で結び付けるものだ」と述べた。米政府高官は電話記者会見で「インド太平洋地域全体の平和と安定を維持するため、より強力なパートナーシップを構築する」と強調した。

 これに対し、中国外務省の趙立堅副報道局長は16日の記者会見で「排他的な小グループの形成は時代の流れに背き、人心を得られない」と反発。オーストラリアへの原潜導入については「アジア太平洋地域の軍備競争を激化させる。核不拡散への国際的な努力を損なう」と批判した。

 非核保有国のオーストラリアが原潜を保有するのは極めて異例といえる。モリソン氏は「核兵器の獲得や民生用核戦力の確立を目指しているわけではなく、今後も核不拡散の義務を果たしていく」と強調した。

 原潜は動力に原子炉を使う潜水艦で秘匿性が高い上、長期間の軍事活動が可能。中国が勢力を拡大する南シナ海を含め、インド太平洋地域での抑止力を強める狙いとみられる。米紙ニューヨーク・タイムズは「オーストラリアが定期的なパトロールを開始し(活動範囲が)南シナ海を通過し、台湾の北にまで及ぶ可能性がある」と指摘する。

 バイデン政権は中国に対抗するため、既に日米豪印4カ国の枠組み「クアッド」を構築。24日にワシントンで初の対面による首脳会談を開く。AUKUSはクアッドを補完するほか、英国を含めることで「欧州をインド太平洋戦略にさらに結び付ける」(米政府高官)狙いがある。

 米英豪3カ国は今後18カ月間、外交・安保担当高官で協議し、サイバー分野、人工知能(AI)、量子技術などの分野でも連携を深めていく。米政府高官は「情報技術の共有を維持・強化し、安保や防衛関連技術、サプライチェーン(供給網)の統合を追求する」との方針を示している。

 AUKUS(オーカス) 米国、英国、オーストラリアによる新たな安全保障の枠組み。「Australia(オーストラリア)」と「United Kingdom(英国)」、「United States(米国)」の3カ国の頭文字を取って命名された。インド太平洋地域の平和と安定維持が目的。日米とオーストラリア、インドの4カ国の枠組み「クアッド」に続く対中包囲網の形成として、中国は警戒を強めている。 (共同)

関連記事

PR

PR