台風14号、昼すぎ上陸の恐れ 九州北部、暴風雨に警戒

 台風14号は17日、東シナ海から、勢力を維持したまま対馬海峡に進んだ。昼すぎに九州北部に上陸する恐れがある。台風に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、気象庁は大雨や暴風、うねりを伴った高波に警戒を呼び掛けている。

 福岡管区気象台によると、九州北部では17日明け方から非常に強い風が吹き、夜遅くにかけて局地的に大雨になるとみられる。海上も大しけになる見込み。

 18日午前0時までの24時間予想雨量は、いずれも多いところで長崎250ミリ▽福岡、佐賀200ミリ▽熊本、大分180ミリ▽宮崎、鹿児島150ミリ。予想される最大風速は20メートル、最大瞬間風速は35メートル。

 台風の接近に伴い、JR西日本は山陽新幹線博多―広島間で17日午後からの計画運休を発表。JR九州は特急や在来線で減便や運転見合わせを行い、航空各社も九州発着便の一部欠航を決めた。

 台風は16日午後11時現在、長崎県五島市の西南西280キロを時速15キロで北東に進んだ。中心気圧は990ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速25メートル、最大瞬間風速35メートル。 (梅沢平)

PR

PR