8月の公共工事請負金額、2カ月連続で増加

 西日本建設業保証が発表した8月の九州・沖縄の公共工事請負金額は、前年同月比12.0%増の1849億円となり、2カ月連続で前年を上回った。件数は9.9%増の3781件だった。発注者別の増減は県が23.9%増、国が18.4%増。市町村は1.1%減だった。県別では長崎(36.9%増)など6県で増加し、福岡(5.0%減)など2県で減少した。

関連記事

PR

PR