押し花文化発信30年「菊鹿フラワーバンク」山鹿市で最後の作品展

 30年間にわたり、押し花文化を発信してきた熊本県山鹿市の第三セクター「菊鹿フラワーバンク」(栗原雅秀社長)が、9月末で営業を終了する。全国的な愛好者の減少で、生産する押し花教材の需要が減ったのに加え、昨年からの新型コロナ禍が直撃した。閉館する活動拠点の体験型施設「押花(おしばな)館」では最後の作品展を2...

残り 753文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

熊本県の天気予報

PR

PR